読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識


【厳選】iPad Proのキーボードを、数あるAmazon商品の中から厳選しオススメする。

iPad pro用キーボードを厳選

iPadの画期的なアイテムである"スマートキーボード"だが、各社から様々な商品がラインナップされているので、キーボード購入を検討されている方の参考になるようAmazonで扱っているiPad pro用のキーボードを、その特徴と共に厳選する。

※画像はAmazonリンクになっています。

 

Apple純正スマートキーボード|Apple(アップル)

私も使っている、アップル純正のスマートキーボードだ。薄いし持ち運びやすいのでこれでも機能的に全然問題ないのだが、暗い所ではキーボードの文字が見えにくく、打ち間違いが起こりやすいように感じる。あくまでも私個人の使用感だ。だが、最もシンプルなアイテムなので、充電とかBluetooth接続とかを考えず『開いて直ぐにサッと使いたい』という方にはオススメだ。

バックライト付キーボード|Logicool(ロジクール)

Logicool(ロジクール)製のキーボード&ケース。上の商品は12.9インチ限定。先ほどのスマートキーボードに対してこのキーボードにはバックライトの機能があり、少々暗い所でもキーボードの文字が認識しやすく打ち間違いを減らせるだろう。電力は"スマートコネクター"接続なので充電&面倒なBluetooth接続不要。

同じく、こちらがバックライト付(Logicool)の9.7インチ専用キーボード&ケースだ。※下の商品は9.7インチ専用

7色に光るバックライト|Earto

 リチウムイオンバッテリー内蔵、iPad pro9.7インチ用のキーボードケース。バックライトのカラーが7色あるのが特徴。接続はBluetooth。ゴツく見えるが厚みは15㎜だ。因みにスマートキーボードは14㎜。ケース重量は555gと多少重量感はある。

超薄型キーボード|pop sky(ポップスカイ)

薄さが特徴、Bluetooth接続のキーボードだ。その重量は431gでAppleのスマートキーボードの458gよりも軽い。画像は12.9インチ専用。裏側にスイッチボタンが付いており、その耐久性は最大500万回を誇る。薄さ・軽さを求めるならこの商品を検討してた方が良い。

超極薄キーボード|JTTオンライン

超極薄のキーボード、厚みはわずか4.3㎜。本体にリチウムイオンバッテリー内蔵でUSB端子を繋いでの充電式 、作動時間は最大で50時間。極薄なのでキーの打音が殆どしない静音性の高いキーボードだ。

キーボード着脱式|kugi

手帳型のケース。充電式のバッテリー内蔵で接続はBluetoothで、キーボードは着脱可能、好きな位置で入力作業が出来るので使い方の自由度が高い。

縦でも横でも使用可能|JETech

背面にあるアームでしっかり支えるので倒れる心配ほぼ無し。また、iPadを縦にも横にもどの方向でも使用可能。スタンドとしても利用できるので、動画の視聴や読書などのシーンでも活躍しそうだ。接続はBluetooth。

まとめ

キーボードの購入を迷っている方の参考になればと思いこの記事を作成しました。私も日々仕事やプライベートでiPadを活用している。使っているのはアップルのスマートキーボードだ。

先にも述べたが、持ち運びしやすく便利だが、薄暗い場所だと文字が見えにくい。また、キーボードを畳むと画面のカバーにはなるが、iPad背面までは保護してくれないので全体的なカバーとしての役割は果たしてくれない。個人的にはバックライト付のキーボードがオススメのアイテムである。

 

  1. iPadで『はてなブログ』の記事作成を快適にするメソッド - interest blog