interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識

【不動産】アパートやマンションの賃貸で交わす「定期借家契約」の真の目的

アパート、マンションの賃貸「定期借家契約」

f:id:so888:20150426095238j:plain

アパートやマンションを賃貸される場合に、「定期借家契約」という契約を締結しますね。不動産屋さんにいる宅建士の説明(重要事項説明)の際に契約書を良く見て下さい、「定期借家契約」と書かれていると思います。

 

これはどういう法律かザックリいうと、「たちの悪い居住者を継続して住まわせない」為の契約です。

 

 今までの契約との違いとは

f:id:so888:20150304014912j:plain

この法律は平成12年に施行された比較的新しい法律で、今までの賃貸借契約(普通借家契約)とは違います。どう違うのかというと、更新は基本的に出来ません。

 

「更新が出来ないってことは、継続して住めない!?」と思われるかも知れませんが、そうではありません。

 

まずはこの内容ですが、

  • 契約期間は自由に定めることが出来る(殆どが2年で契約する)
  • 普通借家契約は口頭でも契約できたが、定期借家契約はちゃんと書面で契約しなければならない。
  • 期間の満了によって確実に契約は終了する。

ということになっています。

 

以前の普通借家契約では「契約の更新は、正当な理由が無い限り家主は更新を拒否出来ない」事となっていたが、この定期借家契約では「定めた期間の到来によって契約は確実に終了する」こととなるのです。

 

貸す側からすれば、迷惑となる住人がいた場合、契約した期間(大抵2年)で確実に追い出せるわけです。これにより近隣住人の生活も守れるということです。

 

期間の満了時には出ていくの!?

3つ目の、「期間の満了によって確実に契約は終了する」という事で、借りていた部屋は明け渡さなければならない事になります。

 

この文言だけを受け止めると、更新が出来ないので「出ていかなければならない」という事になりますが、更新は出来ないが、新たに再契約ができます。皆さんが継続的に居住しているのは再契約しているからです。

 

一旦、契約は終了しますが新たに契約をするという事でそのまま住む事が出来るのです。この再契約ですが、最初に行った契約と同じように保証会社等の審査を一から受けることになります。

 

再契約できない事もある

先の契約期間中に近隣の住人の迷惑となる行為や契約違反があった場合、又は建物の取り壊しや大規模な改装が予定されている場合は大家さんから契約を断られることもあります。

 

まぁ、常識的な生活をしていれば断られることはありませんのでそんなに気にしなくても良いことです。

 

無法者に対しての約束

f:id:so888:20150412041331j:plain

契約は難しく思えますが、契約書の中で約束される内容は至って常識的な事です。例えば、「家賃は滞納しない」、「ゴミは決まった日に、指定された場所に出す」、「住居者は、自分のものと思って大事に部屋を利用する(善管注意義務)」、「周囲の迷惑となるような騒音を出さない」等。これらを守れないはずはありません。

 

ですが、稀にアウトローな人間がいますね。

その人が入居してしまった場合に、契約を当たり前に更新出来ないようなシステムになっているのです。

 

関連記事:

so888.hatenablog.com