interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識


CBT試験で合格率高い!少額短期保険募集人という資格!

少額短期保険募集人という資格をご存知だろうか?この資格は読んで字の如く、「少額で短期の保険」を扱う為に必要な資格です。

 
保険業法で定義されている少額とは「保険金額が1000万円以下」でかつ、「2年以内の期間」とされています。身近な少額短期保険だと、アパートなどを借りるときの火災保険がそれにあたります。
 
その保険契約をする際の募集人となれる資格なのです。

CBT試験とは?

f:id:so888:20150304020343j:plain

試験方法は、パソコンで問題が出され、その正誤を答えていくCBT試験と呼ばれる方法です。
終了と同時に合否が発表されます。その日で合格か不合格かが分かるのです!
なぜ合格率が高いと言えるのか?それは、これまでに試験を受けた事がある方なら分かると思いますが、法律系資格試験で多い四肢択一や判例と照らし合わせてなどの問題ではなく、正しいか誤りか?という単純な答えだからです。

合格ラインは?

合格ラインは70点以上を取れば合格となります。ハッキリ言って特に過去問などをやらなくても80点くらいはイケます。
先ほども述べましたが正しいか誤りか?◯か×かそれだけです。基本書をしっかりと読んでいれば落ちる事のない試験と言えます。
ネットで一問一答的な演習問題を出しているサイトがあるので、隙間時間にやっていれば十分合格できるでしょう。

受験資格と日程、費用

受験資格ですが、残念ながら誰でも受けられるわけではありません。基本的には、「保険募集に従事しようとする者、従事している者」です。
日程は年末年始を除く毎日実施されています。要は、「落ちたらまた受ければいい!」という事です。
受かるまでやっちゃえって感じです。受験費用は4200円程度。
 
 

出題される範囲、問題は大体決まっている!

さて、出題される範囲ですが、概ね決まっています。基本書を読み込んで、それにある演習問題をクリアできれば十分だと言えます。
全体的な出題割合は、
  • 保険の基礎知識・・10%
  • 少額短期保険業・・14%
  • コンプライアンス・・60%
  • 概要・・8%
  • 周辺知識・・8%
となっています。基礎と保険業、コンプライアンスをマスターすれば十分合格可能です。
 
合格にはコンプライアンスを攻略せよ!
問題の大部分を占める”コンプライアンス”を攻略すれば怖いもの無し!