interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識


Amazonアフィリエイトの売上が遂に累計で100万円を超えて。なぜ売上が上がったのか?商品が売れるコンテンツについて考えてみる

皆さんもご存知じの通り、当ブログではAmazonや楽天のアフィリエイトプログラムを利用しています。知らぬ間にその売上が累計で100万円の大台を突破したので記事にしておきます。

アフィリエイトプログラムを使っているが「なかなか利益が出ない…」「売上があがらない…」という方は多いのではないだろうか?私も使い始めた頃はそうであった。導入し始めて数ヶ月は全く利益に繋がらなかった。

 初めて売上があがったのは2016年の4月だ。それまでいくつものAmazon商品をコンテンツに載せていたが購入までには至らなかったのに突然売れ始めたのだ。

このブログで商品が多く購入されているコンテンツを調べてみると、以下の2つに絞られた。2つの記事は断トツの売上を誇るコンテンツだ。

 

 参考記事;

www.interest-blog.com

 

www.interest-blog.com

 

この2つの記事から、「なぜ、物が売れたのか?」について考えてみます。久し振りの更新、誤字脱字大丈夫か?不安ながらダラダラと書いてみます。

f:id:so888:20170408132225j:plain

 

商品の必要性を提供 

これらのコンテンツはどれも"お悩み解決系"に分類され、その記事の内容は商品との相性が抜群に良い仕上がりだ。出来栄えには自分でも納得している。

商品がこの2つの記事から売れ始めたのは、目的を達成する為には記事内で紹介されるアイテムが必要だからだろう。

記事を作成する際に、最初に売りたい商品を決めていると記事の内容とマッチしなくなる場合がある。内容がブレるのだ。そうなると商品の必要性を読み手は感じ取れなくなる。

それは、イコール、売れない原因となってしまう。(商品有りきでの記事作成は、文章を書く事に慣れていないと難しいだろう。)

大事なのは"目的を達成する為に必要である"という事。上記の記事であれば水漏れを直すという目的の為にはそのパーツが必要という事だ。

 

まずは記事を作成して、記事の中で目的を達成する為に必要な物があれば商品を載せるという感覚だ。

 

商品の使い方・利用方法を提供

先の必要性の他に、そのアイテムの使い方を提供する事も大事な要素だ。売りっ放しではダメだ。丁寧にそのアイテムの使い方を提供する事で人は「自分でも使って見たい」と好奇心を持つ。

色んなブログを見てきたが、売りたい商品有りき記事で、「こんな物がありますよ!」って最後にアフィ商品貼り付け記事が見受けられる。 

使い方も分からない物は誰も手を出さないのだ。

 

商品を使った後にどうなるか?結末を提供

最後に、この商品を使った後にどうなるのか?結末を提供する事で未来を想像させる事も重要である。

上記の参考記事であれば「水漏れが止まる」や「便座が普段通りに使えるようになる」という現在の困っている状況が改善されることが結末にあたる。

 

もっと分かりやすく例えるなら、ダイエット商品だ。あれは、太っている現在がそれ(商品)を使用する事で痩せる(将来)という結末を提供しているのだ。 

人は将来が想像できないと行動しないのである。

 

まとめ

f:id:so888:20160313122330j:plain

必要性・使い方・結末の提供。この3つの項目を意識するだけで売上のあがるコンテンツを作成する事が出来るだろう。

ちなみに昨年4月からの実績だが、楽天アフィも併せると150万以上の売上があるようだ。面倒くさいので途中で計算を辞めた。

収入にすると8万円程度である。ザックリ、約だが利益率は5%程となる。