読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識


【マーケティング・心理学】曲った事が大嫌い!「一貫性の法則」をビジネスで利用する。

仕事・資格・マネー 仕事・資格・マネー-マーケティング・心理学

一貫性の法則と言う心理

人は「一貫性の法則」と呼ばれる心理が無意識に働いています。それは、一度決めた事を実行しようとする、人の行動に関する心理で、この法則はあらゆる場面で利用する事が出来るのです。

 

f:id:so888:20150420130113j:plain

 

ビジネスで活用

例えば営業・仕事で利用するとなると、
A「どのような商品をお探しですか?」
B「40インチのテレビが欲しいんだけど」
A「こちらにあります」
 
B「うーん。東芝じゃなくてSHARPで探しているんだ」
 
A「では、こちらになりますが、現在在庫が無く、展示品(現品)になりますが宜しいでしょうか?」
 
B「うーん。…しょうがないか。それを買うよ」
 

これは例で、上記のようにうまく行く事ばかりではありませんが、流れとしてはこんな感じです。

B(お客様)は店員(A)とのやり取りで「買う」という意識になっているので、最後は多少条件が違っても購入するという行動を取ろうとします。これが一貫性の法則です。

 

別の提案も成功率アップ

また、少し金額が上がるが、性能がワンランク上の新品の商品をそこで提案しても購入する確率も上がります。これも、一度「購入する」と決めた心理からくる一貫性の法則によるものです。

この法則は、「自分の行動、発言、態度、信念」を一貫したものにしたいという人の心理が働く為です。
 
主にマーケティングなどで活用されます。
 

ライバルに差をつける

このような、人の行動心理を知った上で挑む仕事は、それを知らないで行動するよりあらゆる場面で成功率(コンバージョン率)が上がると思います。商談や交渉事の場面で活用できるテクニックではないでしょうか?
 
法則を意識しながら行動する事で、ライバルに差をつける事が出来るかもしれませんね。
 

 

関連記事:

so888.hatenablog.com

 

 

so888.hatenablog.com