interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識

公務員を辞めてブロガーになったという人の話し

突然ですが、あなたがやっている仕事はやりたかった仕事ですか?
 

炎上記事で有名なプロブロガー、イケダ氏のアシスタントには、「公務員を辞めてブロガーになった」方がいるようですね。なかなか面白い経歴。

 
「折角公務員になれたのに勿体無い」、とは思いますがそれはそれで良いんじゃないか?

 

早い決断!そして、ブロガーへ

彼は公務員の仕事で「組織の一員という立場が自分に合わない」と感じて辞めたそうです。

 
「理想と現実のギャップ」
 
まぁ、この辺はどの仕事でもありますよね?だがそこで、ズルズルとその仕事を40年も続けていけるのか?
 
それは精神的に堪えます。
 
彼は「組織は自分に合わないという」性格を知ったわけです。
 
1年数ヶ月で辞めたそうですが、早い決断として評価しても良いと思います。嫌なのに続ける方が時間の無駄。次の仕事に繋がる行動をしていた方がよっぽど有意義です。
 
3年も4年も働いた後には、生活の基盤がその仕事をメインにして構築されているので、簡単に職を移すことが出来なくなるでしょう。
 
彼は「表現しないとダメな人間」だとブログの中で語っています。その表現する方法としてブログを選んだようです。
 

ブログは仕事となるのか?

「仕事を辞めてブログをやっている」という人もいるが、ブログというものが仕事と言える日がくるのか?疑問だ