interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識


『国保や自動車税』各種税金がクレジットカードで支払えるって知ってた?

5月は自動車税の納税月です。筆者は現金でソッコー支払いを済ませましたが、実はクレジットカードでも自動車税の支払い(納税)が出来るのです。

皆さん知ってました?私は税金を支払った後に知った事実で、実際に試す事が出来なかったトホホ。

知ってたらクレカで払ってブログネタになったのに…

まぁ、気を取り直して。次年度に自動車税をクレジットカード支払い出来るように情報を整理しておきます。

クレジットカードで税金を支払うには?

クレジットカード

クレジットカードで税金を支払うには「Yahoo!公金支払い」にアクセスし、必要な手続きを経てそこから支払いが可能。

アクセスしてみると分かる事ですが、自動車税だけではなく他にも多くの税金をクレジット払い出来る。

クレジットカードで払える税金一覧

  • 自動車税
  • 軽自動車税
  • 固定資産税
  • 住民税
  • 国民健康保険
  • 介護保険料後期高齢者医療保険
  • 個人事業税
  • 不動産取得税
  • ふるさと納税

これだけの税金がクレジットカードで支払えます。

地域は?

納税する都道府県を選択するのだが、各都道府県の地域を確認したところ、全ての市町村を網羅しているわけでは無いようだ。都市部から離れた地域でのみクレジットカードでの支払いが可能になっている模様。

クレジット払いにするメリットは?

ここでのメリットは、税金をクレカ払いにすると高額な税金を分割に出来るところだろう。車税でも『一度に4万も5万も支払うのは今月厳しいな〜』という方は結構いると思う。そういう人には重宝する決済方法だ。

また、PCやスマホからいつでも、24時間支払いが可能であること。

そして、ポイントも貯めることが可能との事!納税してポイントゲットなんて素晴らしいじゃないかwと思ったら。デメリットもある。

カード払いにするデメリットとは?

デメリットとして注意しなければならないこともある。勿論クレジットカードを使えば手数料が発生するという点だ。手数料の額と、貰えるポイントを比較して(クレジット払いにするか)判断するのも良いだろう。

注意!納税証明書、領収書は発行されない

あと、クレジットカード払いにすると領収書や納税証明書が発行されない。もしも納税証明書が必要になる事態が発生する場合、役所等の関係機関に直接行って発行してもらう手間が掛かることになる。

その場合困るのが自動車税だ。自動車は車検を受ける際に"納税証明書"が必要になるからだ。納税して車検を受ける年であればクレジット払いはやらない方が良いだろう。

厳密に言えば、納税証明書無くても整備工場の人が納税記録を調べることが出来るんだが、カード支払いしてから記録に出るまで3〜4週間くらい掛かるらしい。5月車検の人や支払ってから4週間以内に車検を迎える人はタイミングを逃すことになるのでカードでは支払いしない方が良いだろう。

手数料はいくら?

手数料

気になる手数料だが、Yahoo!は各地方公共団体と取り決めているようで一概に言えないようだ。実際にサイトで、支払う地方を選ぶと「お支払いの手順」ページに遷移するが、その中程に表示される。そこで手数料が確認できる。

利用できるクレジットカード

利用できるクレジットカードは以下の種類だ。

  • マスターカード
  • VISAカード
  • JCBカード
  • アメリカンエクスプレス
  • ダイナースクラブ
  • セゾンカード
  • Yahoo!カード

Yahoo!公金支払いヘルプ - 利用できる支払い方法

地方公共団体によっては一部使えないカードもあるようだ。

Tポイントも貯まる!使える!

このYahoo!公金支払いは、クレカのポイントだけではなく日本で1番汎用性の高いTポイントが貯まる!しかも支払いに使える!との事! 

>>Yahoo! JAPAN(ヤフージャパン)が運営するクレジットカード  

まとめ

最後に、税金をクレジットカード払いにするメリットをまとめると

  • パソコンやスマホから24時間支払い可能
  • 分割払いに出来る
  • クレカのポイントを獲得出来る
  • Tポイントが貰える
  • Tポイントが使える

デメリットをまとめると

  • 手数料が発生する
  • 領収書、納税証明書が発行されない

来年は!と思ったが。来年は車検なので納税証明書が必要だわw

>>Yahoo!公金支払い - インターネットで税金支払い、ふるさと納税