interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識

360°全方位撮影できるカメラ『シータ/Theta』は遊びでも仕事でも使えるカメラ!

ちわSOです。

全方位(360°)撮影できるカメラ『シータ(THETA)』を購入して海外旅行で早速使用したのでそのレビュー記事です。

シータ(THETA)レビュー

theta

『シータ/THETA』はリコーが販売しているカメラなのですが、普通に写真を撮るようにシャッターを切るとカメラを中心に全方位(360°)を撮影できるという面白いカメラです。

百聞は一見にしかず。

リコーのHPのギャラリーで、シータの画像を見ていただければわかりやすいだろう。

リコーHP:「ギャラリー | RICOH THETA

このシータを使えば、

  • 写真を撮る際に被写体が画面に収まりきれないという事は無くなる

そして、

  • 自撮りをする際にも周りの風景をまとめて写せるので、大自然や観光地での建物の雰囲気や街の雰囲気も余すことなく写真に収めることが出来る

シータで撮影すれば全方位(360°)写せるので、カメラの角度なんかもう気にしない。取り直し等はほぼ必要ないだろう。撮影した画像はその場でスマホに転送する事ができ、撮った写真を直ぐに楽しむことができる。また、スマホアプリからシータと連携すればお手持ちのスマホがシャッターになるので、シータを三脚に立てて離れた場所から撮影も可能。

スマホ

今回の旅行で撮った画像も載せたかったのだが、観光地で全方位なので…色んな人の顔が写りこんでいる事からプライバシー的にマズイので今回は割愛(泣)

シータを仕事でも活用!オススメの職業とは?

私は職業柄写真を撮る事が多い(不動産業)。折角なので、今までのデジカメからシータを使っての画像に変えたところ、お客様からの反応が良い。

『物件の画像は無いですか?』と尋ねられて、シータの画像を見せれば、通常の画像よりも建物内部は勿論、物件周りの環境だったり近隣の雰囲気を、よりイメージしやすいと好評だ。

私が思うに、以下のような職業にはシータはオススメのカメラだと感じる。

  • 不動産業
  • 建築関係
  • インテリア関係

上記の職業の方には360°撮影出来る『シータ/THETA』は、かなりオススメのカメラだ。

ムービー撮影も可能

ムービー

シータは写真だけではなくムービーの撮影も可能だが、タイプによって撮影時間は違う。参考までに↓

  • THETA V (動画撮影)→25分程度
  • THETA SC (動画撮影)→5分程度
  • THETA S (4K動画撮影)→25分程度

ちなみに、THETA VとSはライブストリーミング撮影が可能なので、リアルタイムで出力が可能。

『シータ/THETA』の種類

シータは現在3種類がラインアップされている。その中でもSCはスタンダードモデル。SCでも十分楽しめるが、画質を求めるというのならSCよりもハイグレードモデルのVやSタイプを購入すると良いだろう。先にも述べたが、VとSタイプならライブストリーミング撮影もできる。