interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識

「グーグルが東大生をリクルート!」で感じたこと。

グーグルという企業

IT大手のグーグルは現在、世界40か国に70以上のオフィスを有しています。そのグーグルは優秀な人材を得る為に、幹部達が東大のキャンパスを訪ね、人工知能(AI)の研究をしている学生達をリクルートしていると言うのだ。

f:id:so888:20150304015852j:plain

今回はこの話題について感じたことを並べただけの、つまらない記事です。

 

 

 

リクルートを始めたのは数年前、彼らに提示した年収は15万ドル(1800万円)で日本のサラリーマンの平均年収の4倍以上。

 

豊富な資金力で研究に不可欠なスーパーコンピューターへの投資も惜しまず、世界最先端の研究者達と切磋琢磨できる環境もある。

[グーグル:東大で「青田買い」 AI技術流出に日本危機感 - 毎日新聞]引用

 

日本の優秀な人たちはみな引き抜かれて行くのか...

また、企業の買収も活発で、グーグルはカナダとイギリスのAI分野の企業を買収しているという。

 

かなりAI分野に拘っている様子、将来は人工知能を用いた製品を作るつもりのようだ。

 

2012年、グーグルはトヨタ自動車に自動運転技術の共同開発を打診。

「トヨタが目指すのはあくまでドライバーのサポート。無人運転を目指すグーグルとは思想が違った」提携交渉は頓挫。

 

グーグルは米国トヨタの自動運転開発メンバーを複数引き抜いた。

[グーグル:東大で「青田買い」 AI技術流出に日本危機感 - 毎日新聞]引用

 

 技術がどんどん流出して行くんだね。「物作りの国・日本」は将来、人材輸出国になるのか?それはそれで新しい産業だな。

 

人工知能(AI)の進化

それにしても人工知能は今、どの程度の能力があるのか?

【人工知能とは】

コンピューター上で人間同様の知能を実現させようという試み。

 

人工知能という名前は1956年、ダートマス会議でジョン・マッカーシーにより命名された。

 

  • 1988年チェスコンピューターのディープ・ソートが、グランドマスターであるベント・ラーセンに勝利。この時コンピューターが初めてグランドマスターに勝利する。
  • 2010年にはpower7を搭載したワトソンがクイズ番組「ジェパディ!」の練習戦で人間に勝利し、大きな話題となった。
  • 2014年、国立情報研究所や富士通研究所の研究チームが人工知能で東京大学の入試の模擬試験に挑んだと発表。実際に受験生が挑んだ大学入試センター試験と東大の2次試験の問題を解読した。代々木ゼミナールの判定では、「東大の合格は難しいが、私立大学には合格出来る水準」だった。
  • 2045年には、知識・知能において人間を超越し、科学技術も進歩を担うシンギュラリティ(技術的特異点)が訪れるとする「2045年問題」を唱える学者もいる。

[wikipedia]引用

 

 確実にAI分野は成長している様子だ。しかも、2045年とは30年後、そう遠くない未来には知能・知識でも人間を超越するとは驚きだ。

 

 

まるでターミネーターの世界のように思えるのは私だけか?

 

  • 1997年8月、スカイネットが自我に目覚める。(ターミネーター)
  • 1997年、検索エンジンの名前をGoogleに決定。
  • 2004年、シリーズ2で消されたかに見えたスカイネットは新しい姿で生を受ける。AIプログラム「スカイネット」を開発。人類は再びスカイネットの電源を入れる。(ターミネーター)
  • 2004年、ラリーペイジが米国工学アカデミーの殿堂に入る。
  • 2014年、ジョン・コナーが人類の為に立ち上がる。(ターミネーター)
  • 2014年、パンダアップデート4.0を実施。「有益なページのみが検索上位に上がる。」

 

このままグーグルがAI分野に力を注げばターミネーターだって作れるんじゃないか?

グーグルが、スカイネットを開発したサイバーダイン社に思えてきた今日この頃。

 

 

 だらだらと書いてしまいました。

つまらない記事をすみません。