読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識


【ファッション】洋服のカラーコーデ、迷ったときに意識したい”無彩色”という色!

ライフハック ライフハック-知識

カラーコーデで意識したい無彩色

f:id:so888:20150813125514j:plain

トップスやパンツ・スカートなど、服の上下で色の違うものを着るとき、又は同色の上下にする場合、その組み合わせに「違和感がある...」といった場合にどんな色の組み合わせが相性が良いのか迷いますよね。

 

そんなときに意識したい色があります。それは「無彩色」というカラーです。この色を利用してコーディネートをしてみましょう。

 

 知っておくと便利な「無彩色」とは?

無彩色とは、彩度が0の色である。具体的には(3色)白・灰色・黒といったカラーの事です。白から黒までの間の色は無彩色と呼びます。この色以外は彩度があるので有彩色となる。[無彩色 - Wikipedia]

 

 さて、この無彩色をアクセントとして上手く使う事で、違和感のあった色の組み合わせを解消することができます。

 

何にでも合う「無彩色」

無彩色は基本的にどんな色にも組み合わせることができます。それを利用してアクセントにすることで先ほどまで合わなかった色同士を中和しましょう。例えば、下のような上下の組み合わせがあるとします。

f:id:so888:20150813132709j:plain

違和感MAXですね。これに無彩色の”白”をアクセントに使います。

 

f:id:so888:20150813133230p:plain

先ほどよりは少し良くなりましたね。さらに、

f:id:so888:20150813133950j:plain

これにも無彩色を入れます。

 

f:id:so888:20150813134300j:plain

(自分でやっておきながら例えが悪いかもW)

ビジュアルカラーコーディネート

ビジュアルカラーコーディネート

 

 

まとめ

強い色同士が隣り合わせに存在すると違和感を伴うので、色の境目に”無彩色”を配置すると色が落ち着きます。この性質を利用して組み合わせてみましょう。今回は白だけで試しましたが、グレーや黒も使ってみてください。洋服だけではなく色々なデザインにも応用できます。

 

過去記事:

www.interest-blog.com