読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識


コーヒーを1日に5杯飲む人は、飲まない人に比べて15%も生存率が違う!

ライフハック ライフハック-ヘルスケア

f:id:so888:20150720174723j:plain

コーヒーには不思議な力があるようです。コーヒーの香りにはストレスを軽減させる効果がある事は多く語られてきました。また、糖尿病になるリスクも低くしたり、ダイエット効果もあります。

ある研究調査では、コーヒーを一日に3~5杯飲む人は飲まない人に比べて心血管疾患や神経疾患にかかりにくく、長生きするという結果が出ているようです。
 

コーヒーを飲むと心血管疾患や神経疾患のリスクを低減させる!?

20万人を対象に30年調査した結果、コーヒーを1日に1〜5杯飲む人は飲まない人より15%も心血管疾患や神経疾患にかかるリスクを低減でき、長生きしているとのこと。

(非喫煙者対象)

 
また、1日に5杯以上コーヒーを飲む人でも12%リスクを低減できるようだ。
 
5杯以上では3%も下がっているので、1番効果的なのは1〜5杯のようです。
 コーヒーとは不思議な飲み物ですね〜。調査ではこのような結果が出ているが、「どの成分がどのように働いて効果に繋がっているのか?」など、その因果関係はハッキリしていないようです。
 

【余談】日本でのコーヒーの歴史は浅い

ちなみに話は変わるが、人類史の中でコーヒーが登場するのは9世紀頃、アル・ラーズイという医者が自著の中で「バン」という名前でコーヒーが登場する。
 
それから時が経ち、18世紀に日本にコーヒーが登場するのだ。我々日本人はコーヒーと出会ってからそんなに時が経っていない。新参者なのです。
 
18世紀に日本人にコーヒーが受け入れられてから時は1958年、世界初となる缶コーヒーが日本で登場する。
 
缶に入れてでも飲みたかったという事かwめっちゃハマってるやん!w
 
現在ではコーヒー消費量はアメリカ、ドイツに次いで日本が世界第3位となっている(2014年)
 
メッチャ飲むやん!w