interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識


カードローン金利・利息の計算方法!借りる前にシミュレーションしてみよう!

カードローンの利息の計算は簡単なので、計算してみましょう。

私自身、過去に複数のカードローンキャッシングを利用していましたが、現在は全て返済し終わって使っていませんし、幾つかは解約しました。

中には、カードローンキャッシングと聞くと”借金”というマイナスのイメージに感じる方もいると思いますが、実際使っていた者として言えることがあります。それは、「正しい利用の仕方、使い方次第では困ったときの強い味方になる」という事です。

カードがいっぱい詰まった財布

 *ご利用は計画的に

知っておこう!「元金」と「年利」

利息を計算する前にまず、最低限知っておくべき用語について説明します。

  • 元金(がんきん)・・・借入したお金の事。
  • 年利(ねんり)・・・借りたお金に対して一年間にかかる利子の割合。%で表示される。

元金は銀行や消費者金融で借りたお金そのもので、年利はその借金を一年間借りた場合にかかる利息の割合です。

 

カードローン利息の計算方法

利息

さて、カードローンの利息の計算方法ですが、計算式は以下の通りです。

 

利息=元金X年利(%)÷365X借入期間

 

仮に、年利17%の消費者金融で10万円をキャッシングしたとします。それを1カ月間(30日)借りたとして、上の式に当てはめると

 

10万(元金)X17%(年利)÷365X30日(借入期間)=1397円

となり、¥1397の利息が発生することになります。

 

この時、最低返済額が1万円だった場合、1万円の内¥1,397を引いた¥8,603が元金への返済額になります。そうすると残りは¥91,397の元金になりますね。それからまた翌月(30日後)の返済日には、元金の所を¥91,397で計算すると¥1,277の利息が発生することになります。元金への返済は¥8,723となるということです。

自分の状況に合わせてシミュレーションしてみて下さい。 

新たに借金せずに元金を返し続けることで毎月の利息は減り続け、元金の返済額は増えて行きます。

 

ローン会社は金利(年利)で選ぶ

各ローン会社、消費者金融、金融機関によって年利に差があります。それらをよく調べて、低い所を探して選ぶようにしましょう。また、ローン会社によっては初回30日間は無利息キャンペーンなどを打ち出しているところもあるので「一度きり!」「すぐ返す!」という方はそちらのサービスを利用するといいと思います。(30日、60日間は無利息というサービスを行っているところがある。)

 

審査は厳しいけど低金利で探すなら銀行系のカードローンがオススメです。多少金利・利息が高くても面倒な手続きを手短にしたい!という方には、審査が柔軟な消費者金融でも良いと思います。

 

住宅ローン記事もあるよ:

www.interest-blog.com

 

関連記事:

www.interest-blog.com