interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識

破れた網戸の張り替え交換方法と必要な道具。自分の家はDIYでメンテナンス。

劣化して破れた網戸は早急に張替え交換しないと虫や蚊等が屋内に入ってきてしまいます。それを気にするあまり、窓を開けることが出来なくなり、快適な生活を送れなくなります。

また、賃貸アパートやマンションでは網戸の補修は賃借人の負担となっている事が多いので自分で直さなければなりません。退去時に放っていると精算費用に補修費の負担がかかり、自分で直せば安上がりなのにそれより高額になる可能性があります。

網戸の張り替えは業者に頼まずDIYで簡単に自分で出来るので、この記事を見て参考にして下さい。

破れた網戸の画像

※この記事では誰でも簡単にできる、「破れた網戸の張替え」について分かりやすく解説します。例によって、退去した部屋をサンプルにしています。

張り替えに必要な道具

網戸張替えで必要な道具は、

  • 新しい網
  • ローラー
  • カッター
  • マイナスドライバー
  • プラスドライバー(使わない場合もある)

どれもホームセンターで揃うアイテムです。

まずは新しい網戸を用意します。注意点として、これから交換・張替えしようとするご自身の網戸の縦・横幅を確認して頂きたい。それより大きめで購入しましょう。

網戸を押さえてあるゴムにはサイズがあります。ローラーがダブルで付いてるものであれば大体のサイズに適合して便利である。

網戸取り外し

まずは網戸を外します。ゴムがはまっている部分を見えるように置きましょう。

外したアルミサッシの画像

アルミサッシはレールとを金具で固定されている物も存在するので、その場合はプラスドライバーを使用して金具を緩めて外します。

アルミサッシの上部固定金具の画像

↑このような金具で止まっている場合があります。これとは別で、アルミサッシの横の部分にネジが付いている場合もあります。参考までに↓

アルミサッシの側面の画像

この部分にネジで固定されている場合もある。※この画像では固定具は付いてないが参考までに。固定具で止められていなければこの先、プラスドライバーを使うことはありません。

網押さえゴムを外す

マイナスドライバーを使って網押さえゴムの切れ目から起こして行きます。掴めるぐらい起こしたら後は手でビーっと引っ張って外します。

マイナスドライバーを使って網押さえゴムを外す画像

ゴムを外したら破れている網を取り外し、新しい網をサッシにあてます。その後クリップでも良いですし、テープか何かで網とアルミサッシを簡単に固定します。※ズレないようにする為。

この後ゴムを嵌めていくのですが、この網押さえゴムがカビたりして古い物であれば新しいものに替えても良いし、先ほど外したものを再利用しても構いません。

ローラーで網押さえゴムを嵌めていく

このローラーを使って網押さえゴムを固定して行きます。

ローラーの画像

ローラーが2つ付いているのはそれぞれ厚みが違います。ゴムにはサイズ(太さ)があり、ローラー2つ付きだと殆どのサイズに対応出来る。

では実際にはめて行きます。

ローラーを使って網押さえゴムを嵌める画像

このようにローラーでゴムをゴシゴシと押し込んでいくようにはめて行きます。これは力が要るような場面もありますが女性でも一人で出来ます。

コツとして、角はローラーでは厳しいのでマイナスドライバーを使うと上手く角に嵌ります。ゴムを嵌め終えたら、ゴムからはみ出た網をカッターで沿うようにしてカットし、作業終了となります。

最後に

一連の流れをまとめます。

 

  1. 網戸の幅を確認してから購入する。
  2. マイナスドライバーで網押さえゴムと網を外す。
  3. 新しい網をサッシにあて、テープやクリップ等で固定する。
  4. ローラーで網押さえゴムを嵌めていく。
  5. 最後に余った(はみ出た)網をカッターで切る。

これが作業の流れです。どうです、簡単でしょ?これを見ているお父さん方!DIYで週末にでも作業をしてはいかがでしょうか。これだけの作業を業者に頼むのは実に勿体無い。自分の家は自分でメンテナンスしましょう。