interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識


エアコン(フィルター)清掃あなたは自分でやってる?定期的に掃除しない人は損している。

梅雨時期、暑い夏。これからエアコン(冷房)が活躍する時期になります。あなたが最後に利用したのはいつですか?1月前?2月前?それとも半年前?

「気をつけてください。」

放置している間に、エアコンにはカビが発生していますよ!

不動産業に従事する私は退去立会いの際、エアコンのカバーを開け清掃状況までチェックするのですが、大抵の人はエアコンの清掃を殆どしてません。ホコリだらけ、カビの発生は当たり前です。中にはタバコのヤニで油ぎっている状況も。これが原因で故障となった場合、入居者負担での取り替えになり余計な出費になってしまいます。

それだけじゃなく、いろいろな面でも損をしているのになぜ気づかない?

皆さん、エアコン・クーラーの洗浄・清掃は定期的に行った方が良いんですよ!

エアコン清掃を怠る事で発生するデメリット

エアコンの清掃(クリーニング)を怠るとフィルターが目詰まりを起こし、使用時にモーターに負担を掛け故障の原因になります。更には通常よりも多くの電力を消費するので経済的負担にも繋がります。

【エアコン】目詰まりフィルターで電気代どれだけ無駄にするのか?

私の方で記憶しているのは約5%は損をするという事だったのですが、調べてみると10%も電気代で損をしている!

フィルターが目詰まりすると、冷房能力が低下し、電気代も約5%〜10%ムダに消費します。2週間に一度はフィルターの掃除をしましょう。

[引用:エアコン(冷房時)の消費電力を減らそう | 大府市]

風量も損をしていた!?エアコンクリーニングで風速は42%UP!効きが違う!

エアコン本体・フィルター清掃によってホコリなどの障害が取り除かれたエアコンの風速は清掃前と比べて42%もアップする!

カビの発生で健康被害リスクも!

エアコンは室内の空気を吸い込み冷やして吐き出す仕組みです(熱交換)。エアコン内部ではその温度差によって結露(水滴)が発生し、それがホコリなどによってカビとなります。

カビが発生したエアコンを使用することで部屋中にカビを撒き散らす結果に。

カビが原因で起こりうるリスク 
  • 咳が出る。
  • アレルギーの原因となる。
  • 喘息の原因となる。
  • 肺炎の原因となる。

主に呼吸器系にリスクを及ぼします。小さなお子さんがいるご家庭ならエアコンの空気にも気をつけたいところです。

節約の為にも、健康的に暮らす為にもエアコンの清掃・クリーニングは定期的に行いましょう。

自分でできるエアコン清掃

清掃前のエアコン

エアコンの清掃は2週間に一度フィルターの清掃を行うこと。また、本体周りにホコリがあれば取り除きましょう(空気の吸い込み口等)。

必要な道具

エアコン清掃の際に必要な道具は

  • 歯ブラシ(使用済み、必要のないもの)
  • 掃除機
  • 雑巾

清掃作業

汚れたエアコンフィルター

先ずはエアコンのコンセントを外します。(何かの拍子に作動して怪我をしないように)その後フィルターを外し、掃除機でホコリを吸い取ります。残った頑固なホコリはお風呂場でフィルターの裏側からシャワーを当て、水圧で落としましょう。それでも残っているものは、歯ブラシを使用して落とします。

※フィルターの網を破ったり、傷つけないような力で作業する事。

ホコリを落としたらベランダ等、陽の当たるところでフィルターを乾かしましょう。その間に本体についたホコリを固く絞った雑巾で拭き取ります。特に本体上部には沢山のホコリが堆積しています。さらに送風口のホコリ、カビも落としましょう。

ホコリを取ったエアコン

本体の中にあるフィンを曲げないように注意して下さい。 

清掃後のエアコン

だいぶ綺麗になりますが、素人が自分で出来るのはこれぐらいかな。この作業をマメに行えばカビの発生を抑制(遅らせる事が)できるだろう。発生した内部のカビについてはやはりプロのハウスクリーニング業者じゃないと厳しいです。(洗浄の道具とか必要なので)

まとめ

エアコン清掃を怠ると、

  • 電気代で最大10%も損をしている。
  • 冷え方(風量)が違う。
  • カビで健康被害リスクが高くなる。

清掃は、

  • フィルター清掃や本体の汚れ落としは2週間に一回定期的に行う方が良い。
  • 内部の清掃・洗浄はプロに任せる

※作業はご自身の責任でお願いします。当方はここで紹介した内容による作業で発生するいかなる損害も責任を負いません。

 

「内部まで徹底的に洗浄してカビを落としたい!」、「自分では作業に自信が無い」という方はプロのハウスクリーニング業者が行う"エアコンクリーニング"にお任せする方が賢明です。

>>プロのお掃除でお部屋をピカピカに☆《 ズバットハウスクリーニング比較 》 “無料”一括見積もりで比較!《 ズバットハウスクリーニング比較 》