読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識


賃貸管理、仕事内容の8割はクレーム処理!ストレスだらけで離職も多い

仕事・資格・マネー 仕事・資格・マネー-仕事

会社によっては、売買部門や賃貸部門、管理部門など部門毎に業界内容が細分化される会社もあります。このような場合は、ある程度大きな会社だと思います。小さな不動産会社だと1人の営業マンがいくつもの業務をこなしていかなければなりません。賃貸やったり、売買契約やったりと頭が混乱します。

 
そんな中で1番厄介で多い仕事が、「クレーム処理」です。これをうまく対処出来るようにならなければ一人前にはなれません。

 

クレーム対応するサラリーマン

売買は比較的”楽”

売買は一度取引してしまえばその後そのお客様と関わる事は殆どありません。取引が終われば気持ちを切り替えてまた新たなお客の開拓をしていきます。
 
仲介専門であれば、「管理会社に連絡して下さい」で済みますが、管理もやっている場合最悪です。
 

賃貸管理は地獄

多くの人を入居させればさせる程自分の仕事を増やしていきます。まるで地獄絵図。
 
朝出勤して直ぐにクレーム、午後一にクレーム、夕方からクレームなんて日常茶飯事!お客様を物件案内する事なく、クレーム対応で一日が終わる事もザラです。タフじゃなきゃ務まりません。ストレスMAXになります。先輩社員なんか胃や腸の調子がおかしくなってます。事務所でもカリカリ、ピリピリです。賃貸管理では仕事とプライベートを割り切れないと堪えられない。仕事の7〜8割はクレーム対応というのが現実です。
 

クレーマーは自分を正当化する

不動産業で働くと「世の中常識の無い人がこんなにもいるのか?」と痛感します。クレームの連絡をしてきた入居者の話しを聞いてると、完全に「貴方が悪い!」という内容のおかしなクレームが多々あります。
 
営業では、円満に解決する為、そこをなだめなければならないのです。クレームを言う人は皆、自分を正当化します。「自分が正しい!」と、話しだけ聞くとマトモな事を言います。ですが、マトモ過ぎて異常です。「あなた、話しを盛ってるでしょ?」慣れてくると嘘が見えてきます。
 

酷いクレーマーは追い出す!

一応、お客様(入居者)なので丁寧に対応しますが、あまりにも酷い、この人の存在が近隣にも迷惑になっているというのであれば、さっさと出て行ってもらいます。強制退去の手続きを取らせて頂きます。提携している法律事務所等と相談の上、法的措置をとる段取りを進めていくことになります。
 
措置を進めている事を伝えると、「あなた達はヤ◯◯より怖いよ!精神的苦痛を受けた!私も出るとこ出るから!」と、更に罵声を浴びせられますw
 
こっちからするとハッキリ言って、「出るとこ出てください」って感じですw
 
そういう人は、しばらく時間をおくと大抵は謝罪してきます。
 

一触即発の危機も

f:id:so888:20150304015433j:plain

また、クレーム対象者の部屋を訪問すると怒鳴って出てきて、顔を10センチ位の距離まで近づけて睨みつける輩もいます。その際こちらはビビる事なく一歩も動きません。
 
賃貸管理は大変です。ここで述べたのは特殊かも知れませんが、そういった場面に遭う可能性が少なからずあるのです。そのせいか、従業員の入れ替わりの激しい職種でもあります。