interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識


【不動産】定期借家契約、「期間満了の通知」は6ヶ月前までに

定期借家契約、「契約期間満了の通知」

今回は「期間満了の通知」についてふれてみます。この定期借家契約は「期間の満了によって確実に賃貸借契約は終了します」という事ですが、それには賃貸人の「期間満了の通知」が必要です。

 

6ヶ月という期間の意味

賃貸人は賃借人(入居者)に対して、期間が満了する1年から6ヶ月前までの間に「期間が満了する旨の通知」をしなければ、満了日を迎えても契約の終了を賃借人に主張する事が出来ません。

 

契約期間(2年)満了を主張するには通知が必要なんですね〜。最低でも半年前までに賃貸人は通知をしなければならないのですね。この6ヶ月という期間は、入居者が新たに再契約をするのか、又は別の場所に引っ越すのか判断する為の期間です。

 

家賃は?

契約が切れてると言って家賃を払わないでいいという事はありません。賃借人(入居者)は住んでいる以上、契約書での本来の期間が過ぎていても、当然に賃料は払わなければなりません。

 

賃貸人の通知から6ヶ月

また、通知を怠ったからといって賃貸人に罰則があるわけではありません。賃貸人は通知期間経過後に通知を行った場合、その日から6ヶ月間は賃借人に期間満了を主張できませんが、6ヶ月後には主張できます。賃借人(入居者)はいずれにしろ、通知を受けたら6ヶ月間の間に再契約なのか、引っ越すのか答えを出さなければなりません。

 

通知の方法

法律上「文書」である事は必要とされておらず、口頭でも通知が可能です。だが、口頭だと「言った!」「聞いてない!」などのトラブルになるので殆どは文書で通知します。

 

通知が要らない?

元々の契約期間が2年ではなく1年である場合、通知は必要ではありません。

 

過去記事:

www.interest-blog.com