interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識


「月収100万円・年収1000万円」は現実的にどうなの?稼げる仕事とは?

月収100万円の仕事とは?

1万円の画像

月収100万円、年収1000万円という収入に皆は憧れますね。
 
ですが、月収を100万円も稼げる業種とは一体どんな職種なのでしょうか?
 

 

世間で言う「高給な仕事」の月収は?

厚労省の調査によると、平成25年度の弁護士の平均月収は73万円。平均勤務年数6年。ボーナスを含むと年収では1000万円を超えますが、月収単独では1000万に届きません。
 
しかも、ここ最近の話では年収200〜300万円の弁護士人口が増えていると聞く。
 
弁護士業界は不況のようだ。
 

 医者

次に、医者の平均月収は83万円。
これは約5年の経験・キャリアがあっての平均的な金額です。年収にするとギリギリ1000万円というところ。ボーナスを含めると1100〜1200万は軽く突破か。
 

税理士

次に税理士の平均月収は55万円。
年収にすると660万円。ボーナスを合わせても900万前後か。
 

銀行

また、銀行業界の平均月収は53万円。年収にして640〜650万円だった。(年収ラボ引用)
 
 

まとめ

上のデータを見ると、そう簡単に月収100万円は稼げそうにもないですね。
 

よく、テレビ等のインタビューで「相手(夫・旦那)に求める年収は?」の答えで1000万以上を聞きますが、あれはどんな職業を指しているのだろうか。

 

仕事関連記事: 

www.interest-blog.com