読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識


「誘導ページの検索順位を下げる」!内部リンクは「関連性の高いコンテンツ」への誘導になる?

SEO・ブログ関連 SEO・ブログ関連-グーグル

グーグル、新ガイドライン

f:id:so888:20150304020159j:plain

グーグルが新たなガイドラインを発表しました。今後、「誘導ページ(Door way page)への検索順位を下げる」ようです。最近話題になっていますね。

 
 
これにより、”ユーザーの為に独自の価値を提供出来ないサイト”は今後一掃される事でしょう。

 

では、どのようなサイトが誘導ページとなるのだろうか。グーグルのガイドラインにはこう記されています。

  • 特定の地域や都市のドメインやアドレスを持ち、それらが一つのページにユーザーを誘導するもの。
  • サイト内の有用なコンテンツや関連性の高いコンテンツにユーザーを誘導する目的で生成されたページ。
  • サイト内の階層が明確に定義されていない。検索結果の一覧のような構造。類似する内容の複数のページを持つもの。
これらのページを持つサイトなどは、グーグルに誘導ページと認識されます。
 
最初のヤツは理解した。
要は「複数のブログやサイトから同一のページへの誘導リンクをするな!」と言う事だろう。
 
そこでふと思ったのですが、「サイト内の関連性の高いコンテンツに誘導する目的で…」の文言の箇所が気になります。
 

関連性の高いページへのリンクは?

内部リンクはそれに当たらないのか?と言う事です。記事から別記事、過去記事へのリンク等が、それがたまたま集中した場合に「ユーザーを誘導する為に生成されたページ」と認識されてしまわないか?記事へのリンクは関連性の高いコンテンツへの内部リンクを発するので、ガイドラインの内容に当て嵌まるような気がするのは私だけか?…
 

また、「サイト内の階層…」と言う文言は、パンくずリスト等の構造化データが、より重要になるという事なのだろうか。

 

私の考え過ぎか…

 

最後に何故か、

真実の追求は、
誰かが以前信じていた全ての
”真実”の疑いから始まる。
-ニーチェ-

と言う言葉を思い出したw