読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識


【マーケティング・心理学】お客の商品購入率を高める数字の使い方!

仕事・資格・マネー 仕事・資格・マネー-マーケティング・心理学

1.アフィリエイトやリアルビジネスで使えるマーケティングテク

望遠鏡の画像

物の値段や尺度が、提示されたものが妥当・適正であると認識させることについて書いていきます。

 

アフィリエイトでは積極的に使って行きたいテクニックです。

 

人間の行動心理に基づいた手法で、実は日常生活に溢れていますが殆どの方はそれが立派な手法であり、研究されていて、名前があることすら分かりません。

 

 

アフィリエイトや実際のビジネスでも使えるマーケティング手法です。

 

1-2.人は自分の基準を作る

まず、人は何か行動を起こすとき(物の売買等)は、ある基準をもとに行動します。

しかもその基準は、自分が今まで経験した中での狭い意味での基準で、その基準を用いて全てに判断を下します。

 

その人間の心理を使った手法がアンカリング効果と言うものです。

 

 2.アンカリング効果とは

【アンカリング効果】

人は判断を下す際に、ある特定の情報の断片だけを重要視して偏った判断を下すという事に着目し研究された。

 

まず特定の情報だけに注目して、その後の変化によって調整、意思決定するという事だ。

 

 

分かりやすく言うならこうだ。↓

 

人気のデジカメ¥65,000 → ¥58,000

 

↑アンカリング効果はこのようなことです。いろんなショップに行けば見たことあると思います。

 

最初に見た金額は6万5千円、これが基準(アンカー)になるのです。

 

最初に見た数字が印象に残り、人はそれを基準として次に見た数字で比較します。これがアンカリング効果です。

 

 

人はこの金額だけの断片的な情報を重要視して、その後の判断を下すというのです。

 

2-2.応用

 そこで、売りたい価格が¥65,000でメーカー希望小売よりも安い場合は、そのまま表示することはせずにこの様にします。↓

 

メーカー希望価格¥67,000 → ¥65,000

 

最初に高い金額を見せることで定価と変わらない金額でもコンバージョン率のアップに繋がります。

 

わざとお客様には基準となる数字を与え、次の数字で比較してもらうのです。

(ライバル店での、そのアイテムの相場も考慮しなければなりません)

 

大手の家電量販店などで、最初にお客が店内フロアにある商品を見て回り、店員と商談、「どのような商品をお探しで?」、「ご予算は?」といった会話から、若干の値下げ対応をして商品を提供するという現象はまさにアンカリング効果。

 

しかも会話をすることでニーズをも満たしているので、かなりコンバージョン率が高くなります。

 

まとめ

英数字ブロックの画像

アンカリング効果は

  • 人は最初に見た数字が基準になり、その後の数字で比較・判断する

このアンカリング効果を用いることは、実際のビジネスシーンやアフィリエイトなどでコンバージョン率の改善に役立つと思います。

 

 

関連記事:

【マーケティング・心理学】商品購入の確率を高める理論と効果とは!? - ネットビジネスとSEOを考えるブログ