interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識

SEO的に、ブログタイトルの変更による影響とは!?

悩む女性の画像

このブログは、「ネットビジネスとSEOを考える...」とタイトルにあるように、本来はネットビジネス、アフィリエイトなどをメインに記事を作成するつもりだったのだが、seo関連の記事を書くために色々と調べて勉強しているうちに、いつの間にかseoに対する興味が急上昇(笑)知れば知るほど楽しくなってきたw

 

 

最近書いた記事の殆どはそれ関連になってしまっているw

 

「いや~、seoは奥が深い。seoの世界って楽しいね!w」

 

 !?

そんな悠長なことは言ってられない!!

 

「タイトルと中身が違っているではないか!?」

そう!このブログ、方向性がズレてしまっているのである!

 

「う~ん。今からタイトルを変更してseo関連の専門性を持ったブログにするべきか否か?」迷うところだ。

 

「変えちゃえよ、なんで悩むんだ?」と言う人もいるだろう。

悩むのには訳がある、タイトル変更はseo的にサイトに対する評価が変動するからである。(まぁ、そこまでして守るほどの大したブログではないが、このブログをちゃんと育てたいと思っているのでw)

 

キーワード広告のように、titleタイトルとmetaテキストの内容を適時改善することは正しい行動だと言えますが、SEOでは注意が必要です。
というのも、titleテキストはそのページの主題となり、検索エンジンが最も重視する要素です。titleタイトルを頻繁に変更するということはページの主題も頻繁に変わるということになり、新しい主題に対する検索エンジンの評価が追い付かない場合があるからです。

 

titleテキストは最も重要度の高いキーワードと、それに付随する単語(サイト名、修飾語、助詞など)に分類できます。
キーワードで無い単語の変更は影響度が低いのですが、キーワードを異なるものに変更する場合は評価に大きく影響してきます。キーワードを変更すると、当然変更前のキーワードに対する評価がなくなり、新しいキーワードに対するページの評価が0から始まるわけですから、当然新しいキーワードに対する順位は低下します。 また、キーワードの変更は、被リンクの評価にも影響します


リンク元のアンカーテキストとリンク先のtitleで同じキーワードを対策することをキーワードマッチといい、検索エンジンが高く評価する要素になりますが、キーワードを変更することで、ページの外部に設置している被リンクのキーワードが古いものとなり、キーワードマッチの評価が失われてしまいます。サイト内の被リンクは容易に修正できますが、個人ブログなどに書かれたサイト外の被リンクは容易に修正できず、被リンクの効果はどうしても低減してしまいます。

(”seo&sem対策 五足の靴”引用)

 

 

「 う~ん。」上記の事を踏まえて、時間にして4分ほど考慮した結果...

f:id:so888:20150126152553j:plain

ブログタイトルに当て嵌まるように、ネットビジネス(アフィリエイト)関連の記事も書くように努力する!という結論に至りましたw

 

タイトルの変更はseo的に見てもあまりよろしくないようで、「重要だと認識されているキーワードが変更になった場合、それまでのキーワードに対する評価が無くなり、新しいキーワードの評価が0から始まる。」と解されている。

 

また、それまでの被リンクの効果も薄れるという点から、タイトル変更は極力やらない方が良いでしょう。