読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識


【google】グーグルが考えるスパム行為とは!?5つの注意すべきこと!

SEO・ブログ関連 SEO・ブログ関連-グーグル

グーグルは他のユーザーの迷惑となるスパム行為を嫌います。

そのスパム行為を排除するためのアルゴリズムを駆使してその行為のあるページやサイトの評価を落とし、順位を下げたり、検索結果からの削除を行っています。

 

また、その取締りは年々強化され、グーグルは常に見張っています。

怖い顔のサラリーマンの画像

 

 

やってはイケないスパム行為!

以下はグーグルが公表している”スパム”行為です。

 

1-1.不正なリダイレクト

検索エンジンに表示されるページやコンテンツとは違うページを表示させるような行為はスパムと判断されます。

 

1-2.不自然なリンク

サイト内やサイトへの人為的で不自然な疑わしいリンク、又はリンク群が検出されるようなサイトはスパムと判断されます。

 

1-3.ハッキングされたサイト

何者か、第三者にハッキングされてスパム行為のコンテンツ、リンクが表示させられたサイトもスパムと判断される。

 

1-4.隠しテキストとキーワード

コンテンツやサイトに隠しテキストやキーワードの乱用の見られるサイトはスパムと判断されます。

 

1-5.実質の無いコンテンツ

注意しなければならないのがこの項目ではないでしょうか?

サイトやユーザーに対して何の価値も提供しない質の低いサイト、中身の乏しいページ、コンテンツ、実質の無いアフィリエイトページや誘導ページ。

個性の無いページ、大量送信サイト、自動生成コンテンツ、コピーされたサイトのような構成サイトは全てスパムと判断されます。

 

まとめ

1-4と1-5は自分が注意してコンテンツを作成していれば問題ないでしょう。

また、1-5は多くのアフィリエイターに多いブログの作り方だと思います。

 

これらの事に注意しながらコンテンツの作成を行ってください。

 もしもスパム行為を行うとグーグル先生からの天罰が下りますよ。

叫ぶ猫の画像

  先にも言いましたが、これらの行為を行うとペナルティーとして検索結果からの削除や順位の低下などの措置が取られます。