interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識


【グーグル】アナリティクス初心者でも分かりやすい使い方!今日からあなたも解析マスター!

グーグルアナリティクスは、「google」が提供するとても高度で便利な無料の解析ツールです。私も毎日「グーグルアナリティクス」で自分のブログサイトを確認しています。しかし、高度過ぎる為にそこに出てくる言葉が専門的過ぎて初心者には分かりづらいという問題もあります。

 

私もその言葉使いが独特すぎて完璧ではありませんが、私の分かる範囲で、最も良く使用する、役に立つ重要な項目とその見方、テクニカルタームについて説明します。

 

さて、最低限抑えておきたい用語を覚えましょう。

用語について

ボードを指さす女性の画像

まずは、アナリティクスでよく出てくる言葉について理解を深めましょう。

  • サマリー(要約という事。”まとめ”という事です)
  • トラフィック(英語で交通という意味。アナリティクスでは、どこから来てどこに行ったかというユーザーの流れを表します。)
  • セッション(訪問者数)
  • クエリ(質問する、問い合わせるという意味です。ユーザーが検索エンジンで検索にかけた言葉です。)
  • コンバージョン(転換、変換という意味。目標などが達成されて成果に変わったときなどにコンバージョンされたというような使い方をする。目標が成果に転換されたというわけだ。ちょっと伝わりにくいかな?)
  • ランディングページ(ランディングとは着陸、着地という意味。インターネットの世界では、検索エンジンでの検索結果から入ってきた最初のページの事を言う。たくさんの検索結果からこのページにランディング(着地)したというニュアンスで覚えておくといいかな)

↑これは是非理解しましょう。

 

では実際に私が使用する、最低限抑えておきたい項目をお教えします。

1.ユーザーの分布

 ユーザー項目のユーザー分布について。

指定の期間内にセッションしてきたユーザーの性別、年齢の割合を確認することが出来る項目です。

もしあなたがアフェリエイトなどのネットビジネスをやっていたり、特定の年齢、特定の性別に向けてブログや情報を発信しているなら、この情報を元に、ブログや記事の内容を構成したり、最善の対策をとることが出来ます。

 

1-2.地域

次に、同じくユーザー項目の「地域」の「地域」では、指定した期間内にあなたのブログサイトにセッションしたユーザーの地域(国)が分かります。

あなたのブログが、日本だけではなく海外からも多くのセッションがあるなら、意識して英語を交えたりしながら記事作成すれば海外から人気が出るかもしれませんよ。

海外に住んでる日本人が見てるかもしれません。

 

実際、私が運営している「旅行・観光系」(試作品)ブログでは海外(アメリカ・ロシア・香港・台湾・ベトナム)からのセッションが全体の12%あります。

↑これにはコツというか秘訣があって、あまり教えたくはないのですが(笑)

今回は大サービスで教えちゃいますw

 

観光地に行った時の動画をYouTubeにアップして、そのタイトルをメインは日本語で、サブタイトルを英語・中国語・ベトナムの言葉やロシアの言葉に変換したものを付けているのですw

そのYouTubeからブログへ誘導していますw←結構入ってくるw

例えば「東京!!(tokyo,Токио,Tóquio)」←この様な感じです。簡単でしょ?

マル秘テクですよw

翻訳なんて「excite翻訳」を使えばすぐですよ。

 

話がズレてしましましたが、「地域」についてでした。

 

1-3.ユーザーの環境

ユーザーの環境の「ブラウザとOS」の項目でユーザーがどのブラウザを使用してセッションしたのかがわかります。

 

1-4.モバイル(重要)

モバイルの「サマリー」の項目ではユーザーがデスクトップ・モバイル・タブレットのどのモバイルでセッションしたのかがわかります。

私的には重要項目になっています。

自分のサイトブログを見るのは、パソコン(デスクトップ)かケータイ(モバイル)かタブレットのどちらが多いか知っておくのは大変重要なことだと思います。

アドセンスやアフェリエイトを行っている場合は収益のロスを防ぐためにも、ケータイが多いならケータイ用に画面を最適化しなければならないからです。

 

2.集客(重要)

行列の画像

次に集客の項目に移っていきます。集客のこれから説明する項目は重要です。

 自分のサイトブログに人を集めるためにもこの「集客」の項目を分析する能力が必要です。

 

 2-1.チャンネル(重要)

「すべてのトラフィック」の「チャンネル」という項目です。

チャンネルでは以下の言葉が出てきます。

  • Direct(ブックマークなどではないセッションで直接入ってきたという事)
  • Referral(ブックマークなどのリンクからのセッションです)
  • Social(ツイッターやフェイスブックなどのSNSからのセッションです)
  • Organic Search(グーグルやヤフー!などの検索エンジンからのセッションです)
  • Other(上記にあてはまらないものを言います)

ここではセッションから新規ユーザーの数、新規セッション率の分析。右側の「行動」ではそのユーザーが直帰した率、何ページを閲覧したのかというページセッション、どれだけの時間滞在したのかという平均セッション時間を分析することが出来ます。

目安としては、

  • 新規セッション率 30%以上
  • 直帰率 80%以下
  • ページセッション 1.5以上
  • 平均セッション時間 1分以上

↑が私の考える目安です。新規は多ければ多い方が良く、直帰は低い方が良い。

ページセッションが多ければ、たくさんのページ(記事)を見てもらっているという事なので多い方が良く、平均セッションも、その記事に滞在している時間なので長い方が良い。

 

2-2.検索エンジン最適化(重要)

ここは非常に重要で、「検索クエリ」という項目は検索エンジンでユーザーがどんな言葉で検索をして、あなたのブログや記事が何回表示されたのかという事が分かります。

 そして、それに対するクリック率とその検索クエリに対してのあなたの記事の掲載順位がわかります。

 どんな言葉で検索した時に自分の記事が何位なのかという事を知り、順位が低ければ上位表示されるように記事を再編集(リライト)したり、タイトルを考えたりとSEO対策を行う分析ができるのです。

 

2-3.ランディングページ(重要)

この項目ではユーザーが最初にあなたのブログサイトに入ってきたページがわかります。言わば「入り口」です。

ここではページのURLが表示されます。ここに多くのセッションがあるページは、あなたのブログの入り口になっているページです。

検索結果からどのページにアクセスされているのか分析してアクセスアップを狙いましょう。

 

*URLの末尾に「sp」とあったらモバイル(ケータイやスマホの画面へのアクセスです)

 

まとめ

グーグルアナリティクスは無料で使える高度な解析ツールです。

そこに出てくる言葉も理解しにくいものが多く存在します。

 ですが、使えるようになると高度な解析・分析を行うことが出来るようになります。

 まだ利用していない方は是非利用することをオススメします。 

無料でできる!世界一やさしいGoogle Analytics●アクセス解析●入門

新品価格
¥1,836から
(2015/1/18 02:35時点)

 

関連記事:

www.interest-blog.com