読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

interest blog

サクッと読めるライトな記事に詰めた知識


【seo対策】「内部リンク」と「外部リンク」について初心者にも分かりやすく書いてみる

リンク

seo対策では外部リンクと内部リンクという方法があります。これらは、検索順位をアップさせるには必要なもので、両方ともに適正な対策をしなければなりません。この対策を施すことで検索順位アップ、それに伴い検索流入のアップ、アクセスアップへと繋がるのです。

 

この記事では「内部リンク」と「外部リンク」についてお教えします。

 

  

内部リンクとは?

悩む女性の画像

内部リンクとは簡単に説明すると、「自分のサイトからのリンク」です。サイトの中には自サイトの記事から他の記事へのリンクといった設定が存在しますよね?これらのリンクをすることを内部リンクと言います。

 

なぜ最適化?

適正化するのには理由があります。記事やサイトの内容をインデックスするには、グーグルボットと呼ばれるクローラーがサイト内を調べにやって来ます。そのときに、クローラーが正しくページを調べ、そこに貼られているリンクから関連するページへ移動します。そこでクローラーが「このページはどういう事について書かれているものなのか?」という事を移動したページ内容も見て認識するのです。さらに、その記事の持っている評価をリンク先のページに分けるという効果もあります。

 

内部リンクのどこを最適化するの?

最適化の項目は

  • パンくずリストの階層適正化。
  • アンカーテキストのタイトルの適正化
  • 評価を渡したくないページへのリンクはしない、若しくは評価したい(重要な)ページへ適切にリンクを貼る

大きく分けてこの項目です。これらはすぐにでも行えます。内部リンクは外部リンクと違い、自分で最適化することが出来るので積極的に行いましょう内部seo対策を施して、検索エンジン(google)から好かれるブログサイトにしましょう。

 

 自分のサイト内記事へのリンク

内部リンクとしてよく行われる行為が「自サイト記事内へのリンク」です。先程、「グーグルのクローラーが迷わないように最適化」という説明をしました。下の関連記事では、クローラーの巡回について書いてあります。

www.interest-blog.com

 

クローラーがサイト内を巡回して情報を集めているのです。自サイトの記事をリンクさせる事は、クローラーの道を張り巡らせるだけではなく、先程も言いましたが、リンクした先の情報とリンク元の記事の情報なども関連付けして「この記事は何について書かれているのか?」という事もクローラーに認識させることに繋がるのです。

 

また、リンクの前後にはそれに関連する言葉・キーワードがあると尚良いでしょう。

 

外部リンクとは?

自分のサイト以外からリンクをもらうと「被リンク」となります。この事を「外部リンク」と言います。そしてこの「外部リンク」をもらう事は現在最も有効なSEO対策となっています。

 

同じドメインからでは効果が薄い

この外部リンクは同じドメインからでは効果は多少薄くなると言われています。例えば、はてなブログだと→http://〇〇〇.hatenablog.comとなってますよね。この赤の部分がドメインと呼ばれる箇所で、ここが同じ外部サイトから被リンクを貰うのと、違うサイトからリンクを貰うのとでは、後者の方が効果は高いということです。

 

外部リンクは自然に

グーグルはちゃんと見ている

外部リンクは他者からのアクションになります。内部リンクのように自分でどうにか出来るものではありません。ということは、多くの人の共感を得て共有・シェアされるような良い記事(コンテンツ)を作成してリンクを積み上げて行かなければなりませんよね?簡単ではありません。だからこそグーグルはコンテンツの評価を下す際に被リンクを重要視しています。

 

中にはこれを悪用する者もいます。あらゆるアルゴリズムを使ってグーグルは不自然なリンクを受けたコンテンツは検索順位を下げる対策をとっています。ちゃんと監視しているのです。リンクは自然な物でなければなりません。

 

関連記事:

www.interest-blog.com

www.interest-blog.com